コンテンツにジャンプ
福岡県築上町
サイトマップ

トップページ > くらしの情報 > 相談・窓口 > 消費者 > 窓やベランダからの子どもの転落事故にご注意ください

窓やベランダからの子どもの転落事故にご注意ください

更新日:2020年9月17日

子どもが住居などの窓やベランダから転落し死亡する事故が多く発生しています。
網戸に補助錠を付ける、ベランダに台になる物を置かないなどの対策をとりましょう。

詳しいデータについては、消費者庁ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

子どもの事故調査で判明したこと

  • 窓を開けたり、ベランダに出る機会が増えたりする夏頃から転落事故が増加
  • 子どもの中でも3~4歳の転落事故が最も多い
  • 2階からの転落でも入院が必要な中等症と診断されている事例が多い
  • 窓が開いた部屋で子どもだけで遊んでいて発生する事例が多い

住居などの窓やベランダから子どもが転落する事故を防止するためのポイント

窓やベランダ周辺の環境づくり

  1. 窓やベランダの手すり付近に足場になるようなものを置かないようにしましょう。特に、エアコンの室外機の置き場所は工夫しましょう。
  2. 窓、網戸、ベランダの手すりとうに劣化がないかを定期的に点検しましょう。
  3. 窓を閉めていても、子どもが勝手に窓を開けないよう、窓や網戸には、子どもの手の届かない位置に補助錠を付けましょう。換気をする際も同様です。

子どもの見守り・子どもの教育

  1. 子どもだけを家に残して外出しないようにしましょう
  2. 窓を開けた部屋やベランダでは子どもだけで遊ばせないようにしましょう
  3. 窓枠や出窓に座って遊んだり、窓や網戸に寄りかかったりさせないようにしましょう

このページに関する問い合わせ先

  • 部署名:産業課 商工係
  • 電話番号:0930-52-0001
メールで問い合わせ

このページに関するアンケート

このページに対する意見等を聞かせください。役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。
回答が必要な場合は、メールまたは電話でお問い合わせをお願いいたします。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?