コンテンツにジャンプ
福岡県築上町
line
facebook.png

トップページ > 行政情報 > お知らせ > 役場窓口でのキャッシュレス決済の実証実験を開始

役場窓口でのキャッシュレス決済の実証実験を開始

更新日:2021年7月1日

7月1日から、役場の総合窓口でキャッシュレス決済の実証実験を開始します

築上町では、7月1日から9月30日の期間、現金支払いが基本となっている役場窓口での証明書発行手数料等について、キャッシュレス決済を導入し、その効果や課題を把握する実証実験を開始します。

これは、PayPay株式会社と締結した「公共施設でのバーコード等決済に関する協定」に基づくものです。

新型コロナウイルス感染症拡大防止や住民サービス向上の観点から導入効果や課題を把握するとともに、窓口事務の効率化についても検証を行い、キャッシュレス決済の本格的な導入に向けた検討を進めます。

PayPayとは

スマートフォンを使ってQRコードやバーコードを見せたり読み取ることにより、現金を使わずに支払いができるサービスです。

対象となる料金等

対象となる料金等は、下記のとおりです。なお、住民生活課総合窓口係の窓口で取り扱う支払いのみとなりますので、ご注意ください。

  • 証明書交付手数料(住民票、戸籍書類、税関係書類など)
  • ごみ袋、ごみシール代金

実証実験をする期間

令和3年7月1日~令和3年9月30日

キャッシュレス決済利用方法

総合窓口に設置のQRコードを、スマートフォンアプリ「PayPay」で読み取ることで対象となる手数料等の決済が可能となります。

なお、事前に、利用者のスマートフォンへ「PayPay」アプリを導入する必要があります。

このページに関する問い合わせ先

  • 部署名:企画財政課 企画計画係
  • 電話番号:0930-56-0300
メールで問い合わせ

このページに関するアンケート

このページに対する意見等を聞かせください。役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。
回答が必要な場合は、メールまたは電話でお問い合わせをお願いいたします。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?