コンテンツにジャンプ
福岡県築上町
サイトマップ

トップページ > くらしの情報 > スポーツ・文化 > 文化・芸術・歴史 > 文化・芸術に関するお知らせ > 「埋蔵文化財」事前調査について

「埋蔵文化財」事前調査について

更新日:2019年11月8日

あなたの土地に貴重な文化財が眠っています。

「文化財保護法」では、埋蔵文化財のうち「周知の埋蔵文化財包蔵地(「遺跡分布地図」等に掲載された遺跡)で土地開発を行う場合、事前に届出を行うことが義務付けられています。

工事中に文化財が発見され、対応に苦慮することがありますので、「周知の埋蔵文化財包蔵地」内では必ず、またそれ以外の土地でも開発面積が1,000平方メートルを超える場合は、築上町教育委員会と文化財の事前協議を行うようお願いします。

注意事項

‣「周知の埋蔵文化財包蔵地」の地図は、船迫窯跡公園の体験学習会で閲覧できます。
‣事前調査は現地確認後、必要があれば重機による試掘調査を実施します。
   なお、事前調査にかかる経費はすべて築上町教育委員会で負担します。

埋蔵文化財とは?

土地に埋蔵されている文化財のこと。貝塚、古墳、住居などの集落跡、城跡などの「遺跡」と、それらの遺跡に含まれる土器、石器、鉄器、木器などの「遺物」を指します。

お問い合わせ先

‣船迫窯跡公園(生涯学習課 文化財保護係)
   電話番号:0930-52-3771

 

 

このページに関する問い合わせ先

  • 部署名:生涯学習課 文化財保護係
  • 電話番号:0930-52-3771
メールで問い合わせ

このページに関するアンケート

このページに対する意見等を聞かせください。役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。
回答が必要な場合は、メールまたは電話でお問い合わせをお願いいたします。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?