コンテンツにジャンプ
福岡県築上町
サイトマップ

トップページ > くらしの情報 > 福祉 > 障がい者支援 > 手帳の交付 > 障害者手帳の偽造防止対策について

障害者手帳の偽造防止対策について

更新日:2015年3月31日

平成27年4月1日より偽造防止対策として身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳に専用のカバーシールを貼付します。

現在、障害者手帳の書き換えや、写真を貼り替え等の偽造を行い、福祉サービスなどを不正に利用するといった手帳を悪用した事案が発生しています。

福岡県では、このような不正行為を未然に防ぐ対策として、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の表紙上に専用のカバーシールを貼付します。

4月1日以降、築上町役場福祉課(本庁)、総合管理課(築城支所)に手帳を提示された場合など、シールを貼付いたしますので、ご理解、ご協力いただきますようお願いします。

注意事項

  • シールを貼っていない手帳も、これまでと同様に使用できます。
  • シールの貼付を希望される方は、福祉課(本庁)もしくは総合管理課(築城支所)に手帳を持ってお越しください。シールの郵送や、シールのみをお渡しすることはできません。

このページに関する問い合わせ先

  • 部署名:福祉課 社会福祉係
  • 電話番号:0930-56-0300
メールで問い合わせ

このページに関するアンケート

このページに対する意見等を聞かせください。役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。
回答が必要な場合は、メールまたは電話でお問い合わせをお願いいたします。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?