コンテンツにジャンプ
福岡県築上町
サイトマップ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 健康 > 熱中症に注意しましょう

熱中症に注意しましょう

更新日:2020年6月1日

令和2年度の熱中症予防行動について

令和2年度の熱中症予防行動

熱中症とは、気温が高いなどの環境下で、体温調整の機能がうまく働かず、体内に熱がこもってしまうことで起こる症状です。

今年は、新型コロナウイルス感染症の出現に伴い、感染防止の3つの基本である、「1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、3密(密集、密接、密閉)を避ける等」の新しい生活様式」が求められています。十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛けるようにしましょう。

リーフレット

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

1. 暑さを避けましょう
  • エアコンを利用する等、部屋の温度を調整
  • 感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整
  • 暑い日や時間帯は無理をしない
  • 涼しい服装にする
  • 急に暑くなった日等は特に注意する
2. 適宜マスクをはずしましょう
  • 気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
  • 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす
  • マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休息を
3. こまめに水分補給しましょう
  • のどが渇く前に水分補給
  • 1日あたり1.2リットルを目安に
  • 大量に汗をかいたときは塩分も忘れずに
4. 日頃から健康管理をしましょう
  • 日頃から体温測定、健康チェック
  • 体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養
5. 暑さに備えた体作りをしましょう
  • 熱くなり始めの時期から適度に運動を
  • 水分補給は忘れずに、無理のない範囲で
  • 「やや熱い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度
注意事項

高齢者、子ども、障がい者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。
3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。 

リーフレット(下記画像をクリックすると拡大表示されます。)

熱中症予防×コロナ感染防止

熱中症の症状

症状 予防のポイント
初期症状 ‣めまい
‣たちくらみ
‣手足のしびれ
‣筋肉が痛い
‣筋肉のけいれん
‣大量の汗
涼しい服装を心がけましょう

通気性・吸湿性の良い服装で過ごしましょう

こまめに水分補給をしましょう

のどが渇いていなくても、こまめに水分を補給しましょう
就寝前・起床時には、コップ1杯の水を飲みましょう

暑さを避けましょう

外を歩くときは日陰を選び、直射日光を避けましょう
室内はすだれやカーテンなどで直射日光を防ぎましょう

室内の温度・湿度を管理しましょう

室温の目安は28℃。エアコンを効果的に活用しましょう

その他

栄養バランスの良い食事と十分な睡眠をとりましょう
日頃から体を動かし、汗をかく習慣をつけましょう

中等症 ‣頭が痛い
‣吐き気
‣からだのだるさ
‣集中力、判断力の低下
重症 ‣意識がない
‣呼びかけに反応しない
‣体にひきつけが起こる
‣体温が高い

熱中症かな?と思ったら

  • 日陰やエアコンが聞いた室内へ移動しましょう
  • 体(首周り、脇の下、足の付け根など)を冷やしましょう
  • 水分・塩分などを補給しましょう
  • 衣服をゆるめて休みましょう
  • 自力で水が飲めない、意識がないなどの場合は、すぐに救急車を呼びましょう

このページに関する問い合わせ先

  • 部署名:住民課 健康増進係
  • 電話番号:0930-52-0001
メールで問い合わせ

このページに関するアンケート

このページに対する意見等を聞かせください。役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。
回答が必要な場合は、メールまたは電話でお問い合わせをお願いいたします。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?