コンテンツにジャンプ
福岡県築上町
line
facebook.png

トップページ > くらしの情報 > 子育て・学び > 医療・健康 > 健康診査・予防接種 > 予防接種 > ロタウイルスワクチン予防接種

ロタウイルスワクチン予防接種

更新日:2021年1月11日

ロタウイルスワクチンが定期接種になります

令和2年10月1日から、ロタウイルスワクチンが定期接種になり、対象児は、無料で接種できるようになります。 

ロタウイルス胃腸炎とは

口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、手洗いや消毒などをしっかりしても、感染予防をすることが難しく、乳幼児のうちにほとんどの子どもが感染します。
下痢や嘔吐は1週間程度で治りますが、下痢、嘔吐が激しくなると、脱水症状を起こす場合もあり、乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で、もっとも多い感染症です。
一生のうちに何度も感染するウイルスですが、初めてロタウイルスに感染した時は、特に重症化しやすく、まれに脳や腎臓に影響をおよぼすこともあり、注意が必要です。

ロタウイルスワクチンは、ロタウイルス胃腸炎の発症そのものを7~8割減らし、入院するような重症化を予防できます。生後、すぐに感染する場合もあるので、ワクチンの接種は、早い時期に完了させましょう。

定期接種の対象者

令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

注意事項

令和2年9月30日以前に、ロタウイルスワクチンを接種した場合は、定期予防接種ではなく、任意接種となり、全額自己負担となります。

予防接種の方法

ロタウイルスワクチンには2種類あり、どちらも生ワクチン(弱毒化したウイルス)で、飲むワクチンです。2つのワクチンに予防効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なりますので、他のワクチンとの接種スケジュールなどを考慮し、医療機関の医師とご相談のうえ、いずれかのワクチンを接種してください。
なお、途中からワクチンの種類を変更することは原則できませんので、最初に接種したワクチンを2回目以降も接種してください。

ロタウイルスワクチン

どちらのワクチンも、1回目は、標準的な接種期間内【生後2か月から出生14週6日後まで】に接種してください。(出生15週0日以降の初回接種は、腸重積症の発症リスクが高まるため、おすすめしません。)

ワクチン名
ロタリックス ロタテック
接種期間
出生6週0日から24週0日後まで
出生6週0日から32週0日後まで
接種回数
2回(27日以上の間隔をあける)
3回(27日以上の間隔をあける)

ロタウイルスワクチンと腸重積症

ロタウイルスワクチンの接種を受けてから約1~2週間の間は、腸重積症の発現がわずかに上昇することが分かっています。

腸重積症とは、腸の一部が隣接する腸にはまりこみ、閉塞状態となってしまう病気です。ワクチン接種の有無にかかわらず起こる病気で、0歳児は3~4か月齢くらいから月齢が上がるにつれて多くなります。そのため、早めにワクチン接種を開始し完了させることが勧められています。発症後、早く治療すれば、ほとんどの場合、手術せずに治療できます。

以下のような症状がひとつでも見られた場合は、すみやかに医療機関を受診してください。なお、医療機関を受診する場合は、ロタウイルスワクチンを接種したことを医師に伝えてください。

注意すべき症状

  • 泣いたり不機嫌になったりを繰り返す
  • 嘔吐を繰り返す
  • ぐったりして顔色が悪くなる
  • 血便がでる

持参するもの

  • 健康保険証など(本人確認ができる書類)
  • 母子健康手帳
  • 予診票
注意事項

予診票は、赤ちゃん訪問時にお渡しします。

町内接種対応医療機関のご案内

各医療機関によって接種可能時間が異なりますので、事前に医療機関へ予約を入れて、接種をしてください。なお、祝日は接種できません。

町内医療機関名
住所
連絡先
接種可能日及び時間
あないクリニック
西八田2426-5
0930-
56-5888
月曜日・火曜日・木曜日・金曜日
8時30分~11時30分/14時00分~17時30分
水曜日・土曜日
8時30分~11時30分
片山医院(注1)
安武183
0930-
52-0505
月曜日・火曜日・木曜日・金曜日
9時00分~12時00分/17時30分~18時00分
水曜日・土曜日
9時00分~12時00分
二見医院 築城661-1 0930-
52-0002
月曜日・火曜日・水曜日・金曜日
10時00分~12時00分/15時00分~17時30分
木曜日・土曜日
10時00分~12時00分
宮部病院 湊336 0930-
56-0038
月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日
9時00分~12時30分/13時30分~17時00分
土曜日
9時00分~12時30分
注1(片山医院)

18時以降は必ず事前に連絡をしてください。

かかりつけ医が町外の場合

町外のかかりつけ医での定期予防接種を希望される方は、かかりつけ医が「定期予防接種広域化事業」の協力医療機関であれば、手続きが不要で接種できます。

注:かかりつけ医が「定期予防接種広域化事業」の協力医療機関であるか否かは、かかりつけ医または子育て・健康支援課へお問い合わせください。

かかりつけ医が県外、または「定期予防接種広域化事業」の協力医療機関でない場合

接種の際に、「予防接種依頼書」が必要です。
ご希望の方は、接種予定日の2週間前までに、母子健康手帳と認印を持参のうえ、子育て・健康支援課で申請手続きを行ってください。

このページに関する問い合わせ先

  • 部署名:子育て・健康支援課 健康づくり係
  • 電話番号:0930-56-0300
メールで問い合わせ

このページに関するアンケート

このページに対する意見等を聞かせください。役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。
回答が必要な場合は、メールまたは電話でお問い合わせをお願いいたします。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?