コンテンツにジャンプ
福岡県築上町
サイトマップ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 感染症 > ノロウイルス等による感染症胃腸炎

ノロウイルス等による感染症胃腸炎

更新日:2020年2月18日

ノロウイルスは、急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種で、ヒトの口から入ることで感染します。食べ物で感染することもあれば、感染したヒトの排泄物などから感染することもあります。

ノロウイルスに感染すると24~48時間の潜伏期間を経て、吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、微熱が1~2日続きます。また、感染しても病状がなく、軽い風邪のような場合もあります。乳幼児や高齢者などは、嘔吐物を吸い込むことによる肺炎や窒息で重症化することもあります。

感染経路

  • 感染した人が調理した汚染された食品から
  • ウイルスの蓄積した加熱不十分な2枚貝から
  • 感染した人の便や嘔吐物からの2次感染
  • 飛沫等からの感染

予防のポイント

手洗いをしっかりしましょう

帰宅した後や調理や食事の前、トイレの後、下痢などの汚物処理やおむつ交換の後は、手洗いをしっかりとしましょう。

塩素系消毒剤で消毒しましょう

ノロウイルスに効果がある塩素系消毒剤などでウイルスを除去しましょう。

食品は加熱しましょう

牡蠣などの二枚貝には、ノロウイルスが含まれている場合があります。十分に加熱しましょう。

嘔吐などの汚物処理は適切にしましょう

できれば使い捨てのエプロンや手袋を着用し、ペーパータオルなどで拭き取ったあと、ノロウイルスに効果がある塩素系消毒剤などでウイルスを除去しましょう。その後に、しっかりと水拭きをして、拭き取ったペーパータオルや手袋などは、すぐにビニール袋に入れて密封し、廃棄してください。

このページに関する問い合わせ先

  • 部署名:住民課 健康増進係
  • 電話番号:0930-52-0001
メールで問い合わせ

このページに関するアンケート

このページに対する意見等を聞かせください。役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。
回答が必要な場合は、メールまたは電話でお問い合わせをお願いいたします。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?