コンテンツにジャンプ
福岡県築上町
line
facebook.png

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルスワクチン接種 > 新型コロナウイルスワクチン接種後の感染予防対策について

新型コロナウイルスワクチン接種後の感染予防対策について

更新日:2021年6月24日

新型コロナウイルスワクチン接種後も基本的な感染予防対策が必要です

在、国内外で新型コロナワクチンの開発が進められ、新型コロナワクチンの効果や安全性等については確認されておりますが、ファイザー社や武田/モデルナ社の新型コロナワクチンは2回の接種によって、約95%の有効性で発熱や咳などの症状(発症)を防ぐ効果が認められています。

なお、ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けてから、ファイザー社のワクチンは7日程度経って以降、武田/モデルナ社のワクチンは14日以降とされており、現時点では感染予防効果は十分には明らかになっていません。そのため、ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要があります。

ワクチンを接種した方も接種していない方も、共に社会生活を営んでいくことになるため、ワクチン接種後も感染予防対策を継続していただくようお願いします。

基本的な感染防止対策

  • 3つの密の回避(密集・密接・密閉)
  • マスクの着用
  • 手洗いや手指消毒の徹底

このページに関する問い合わせ先

  • 部署名:子育て・健康支援課 健康づくり係
  • 電話番号:0930-56-0300
メールで問い合わせ

このページに関するアンケート

このページに対する意見等を聞かせください。役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。
回答が必要な場合は、メールまたは電話でお問い合わせをお願いいたします。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?